名古屋地区唯一の成人映画館

第2週上映作品<8日(金)〜14日(木)>

パンチラ病院 おとうさん大興奮  (最新作)

武男は生真面目で無口な男である。妻・明美が上司の 部長・鮫島と不倫を続けているのを知っているが、明美に も鮫島にも、何も言えずそ知らぬふりをして毎日を過ご している。娘・美由紀も、武男の実の娘ではない。武男は その秘密も知りながら大切に育ててきた。そんな武男を あざ笑いながら、淫乱な明美は今日も鮫島を自宅に呼ん でよがりまくる。
明美との情事の後、職場に戻ってきた鮫島はいつものよ うに武男を使い走りにする。その様子を見ていたOLの裕 子は、鮫島のいないところで武男に声をかけ、自分が代わ りに行くと申し出る。裕子は、入社の際に武男が強く裕 子を勧めてくれたのを恩義にしていた。 ぐちゃぐちゃになったケーキの箱と靴を持ち、顔中に 返り血を浴びた武男が、フラフラと赤信号の横断歩道を 渡ろうとしていた|と、そこに車が走りこんできた。血 相を変えた運転手が、瀕死の状態で倒れた武男に駆け寄 ってくる。 「武男が目覚めると、そこは病室だった。そばにいた看護 師の顔を見た武男は仰天する。看護師弘美は裕子に瓜 二つだった。動転する武男に、強い脳震盪は時々そういう 症状が出る、と、弘美は優しく語りかける。武男のそばに
置いてあった壊れたケーキを見て、弘美は優しい笑みを「浮かべて出て行った。思い返すと、武男は明美の言いなりだった。些細なこと で責められる父の姿を見て、美由紀は不問にしていた。
                  

監督/清水大敬

出演/海空 花・水谷あおい・さとう愛理

オーピー映画/最新作(中部地区初上映)

人妻派遣 熟乱義母と発情息子

熟女売春クラブ「オバン娘倶楽部」の電話が鳴っている。なかなかの繁盛ぶりだ。静江・美恵子・敬子の太トロ熟女三人が、事務所で軽口をたたきあっている。美恵子には常連客の掛川か ら指名が入り、敬子には新規の客からお呼びがかかった。さら 「に静江にも客がつき「オバン娘倶楽部」の忙しい夜が始まった。

敬子の客は若い武田だった。熟女と呼ぶには若く見える敬子に武田は満足し、さらに看護婦衣装まで持ってきた事に驚いた。 敬子の燃え方もまたすごく、時間を忘れた武田は延長タイムに 突入していた。仕事を終え、儲けの受け渡しをすると、三人は 缶ビールで杯をした。それはいつもの習慣のようだった。
帰宅した美恵子をマンションの前で待ちかまえていたのは 「義理の息子の晴樹だった。親子というより恋人同士の様な二人だった。一方、静江は自宅兼事務所の一室で一人酒を飲んでい た。そこにいつもの様に近所の御隠居がやって来た。仲の良い 飲み友達の二人の宴会が始まった。

監督/川村真一

出演/小川真実・栗原早紀

新東宝

熟女の股ぐら 焦らされて号泣

車に女の子を乗せて、お客を拾ってSEXサービスをするのが『ピンク・キャブ』。マネージャー兼運転者の星川は、ある日おなかをすかせた奇妙な女の子を拾う。心も休も寒い女、さより。

 星川はさよりとSEXして、売春ギャルに仕立てる。しかし、さよりは星川を『パパ』と呼んで慕うのだった。最初は苦笑している星川だが、いつしか彼女のペースに巻き込まれ、父親を演じている自分を発見する。『熟女の股ぐら 焦らされて号泣』スチール2
 星川には妻がいる。以前勤めていたタクシー会社が倒産して路頭に迷っていた時、『ピンク・キャブ』のオーナーの山内に声をかけられた。生活費にも事欠いていた星川には、売春ギャルを管理する仕事には抵抗があったが、給料の額を聞いて思わず飛び付いた。妻の明美は星川の本当の仕事を知らない。給料もいいし、夫婦生活もうまくいっていたので、詮索しようとしなかった。

監督/佐野佐知

出演/麻吹まどか・辻かれん

エクセスポルノ

 

アダルトグッズに革命を起こした。TENGA

性を表通りに、誰もが楽しめるモノに変えていく。

大いなる夢と使命を背負い誕生した革命的な体感を

あなたも体験してください。


ホーム 料金 特別優待割引 交通・アクセス ポスター販売